本文へスキップ

高齢者見守り・緊急通報・安否確認サービス 在宅医療サポート協会

TEL. 0120-124-506

(受付時間 月〜金曜日 9:00〜17:00)
〒814-0134 福岡県福岡市城南区飯倉1丁目6番25号

見守り・在宅医療サポート

高齢者見守り事業

緊急端末機(携帯含む)を活用して、毎日の安否確認、ささいな相談から、緊急対応まで24時間365日コールセンターがサポートいたします。



コールセンターにて安否確認を行います。



担当医や消防、警察、支援者要請など通報内容に応じた対応を行います。



日常生活の相談や、身体の相談など、どんな相談も24時間対応します



お弁当の宅配やタクシーの手配など相談内容に応じた対応を行います。



コールセンターより月一回連絡を入れ、身体の具合や心配事など近況を伺います。




サービスの背景

「医療費の増加」

本格的な超高齢化社会の到来により、医療費が年々増加しています。
2010年度には、前年度比3.9%増の37兆4202億円にまで達しました。

国は、ジェネリック医薬品の利用促進や入院日数の短縮など医療費抑制策に取り組んでいるものの膨張に歯止めがかからない状況です。

このような現状から、慢性的な疾患を抱えた高齢者が自宅へ帰らざるを得ない将来が待っているのです。

「孤独死の問題」

毎年、全国で50,000〜60,000人が孤独死していると言われます。
慢性的な疾患を抱えていながらも病院で入院を続けることができず、自宅に戻った一人暮らしの高齢者に待っているのは、体調の悪化などの異常があっても周囲に気づいてもらえないという現実です。

心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、くも膜下出血といった突発的な疾病や、転倒などで自ら動くことも通報することも出来ず、誰にも看取られることなく亡くなってしまうケースが増えているのです。

孤独死を防止するポイントは、主治医を持つこと、そして緊急時のファーストコールです。
私たちはそんな高齢者の不安を取り除き、安心して生活していただけるサポートを行ってまいります。






バナースペース

  ご家族・ご本人様へ
  自治体の方へ
  在宅医療機関の方へ
  不動産業者の方へ
  よくある質問




.


NPO法人 在宅医療サポート協会

〒814-0134
福岡県福岡市城南区飯倉1丁目
6番25号

TEL:092-832-1245
FAX:092-845-8322
E-MAIL:support@npo-hms.jp

フリーダイヤル
0120-124-506
(月〜金曜日 9:00〜17:00)

ご家族・ご本人様へ 自治体の方へ 医療機関の方へ 不動産業者の方へ